肩こりと鍼、ツボ

肩こりと鍼

鍼治療の得意分野といえば、「肩凝り」です。
厚生労働省の調査では8割もの国民が肩凝りに悩まされているそうです

サプリメント

 

しかし!これって世界的にはかなり稀有なことなんです。
欧米人には「肩凝り」という概念がなく、それを表す言葉自体がないんです!

 

「えー!信じられない!」というお声をいただきそうですが、
本当にそうなんです。

 

でも、同じ人間ですから、肩凝りという症状はあることはあるみたいですが、
言葉にならないくらいですから、そこまで悩まされてはいないようですね。

 

肩凝りと日本人

 日本人の国民病とも言える「肩凝り」。
なぜ日本人に多いのでしょう?

 

まず、体格・骨格からくる原因として、日本人は欧米人と比べると、

サプリメント


頭が大きいわりに首から肩の骨格が華奢にできているため、
筋肉が疲労しやすいと言われています。

 

生活面での原因としては、無理な姿勢や動作、
関節や筋肉への負担、ストレスなどが挙げられます。

 

現代日本人は、デスクワークやパソコン、
スマホ・携帯電話などの操作で猫背になりやすい生活を送っています。

 

猫背は肩凝りの元です。欧米人に比べ、
日本人は猫背が多いと言われています。

 

骨格による原因はいかんともしがたいですが、
生活習慣による原因は自分の意識次第ですから、
猫背にならないようにしたいですね。

 

肩凝りのツボ

 鍼治療は筋肉の疲労を緩和することができます。
でも、なかなかその時間がとれないという方のために、
自分で押せる肩凝りのツボをいくつかお教えします。

 

・合谷(ごうこく) …手の甲を上にして、親指の骨と人差し指の骨が交わる部分です。
・百会(ひゃくえ) …頭頂部にあるツボ。万能のツボとも言われており、様々な健康効果が期待できます。
・天柱(てんちゅう)…後頭部の髪の生え際、太い筋の外側にあるくぼみにあるツボです。
            肩凝りだけでなく、頭痛にも効果的と言われています。
・肩井(けんせい)…肩を直接刺激するツボなので、肩凝りにとても効果があります。
            肩を揉むときも、このツボを意識して揉むとよいですよ。
            場所はというと、指で肩の真ん中あたりをさわると窪みがあると思います。そこがツボとなります。

 

肩凝りは筋肉疲労によるものもありますが、
病気のシグナルの場合もあります。

 

ヘルニアや癌の転移というケースもあるので、
必ずまずは病院にかかってください。

 

鍼治療にとりかかるのは、
病気ではないことを確認してからにしてくださいね。
サプリメント