鍼治療の効果 不妊

不妊について

最近、芸能人が不妊治療を告白したり、
不妊治療の助成金のニュースを耳にしたり、

サプリメント

 

卵子老化などのテレビ番組が話題を呼んだり、
本当に「不妊」という言葉をよく聞きますね。

 

結婚しているカップルのうち7組に1組は不妊だとも言われています。
不妊の原因は男女半々くらいの割合だと言われています。

 

そして、原因は多岐にわたり、さらに複数の原因が組み合わさり、
原因不明の場合も多々あります。
ここでは、鍼治療は不妊にどのように効果があるのか見てみましょう。

 

不妊と女性の冷え

 現代人はとっても「冷え」ています。
いわゆる冷え性というやつですね。

 

冷え性の方は、手足、腰、おなか、内臓などがいつも冷えている状態にあります。
なぜ冷えてしまうかと言いますと、いろいろと原因はありますが、

 

大きな原因の一つに血行不良が挙げられます。血の巡りが悪くなると、
内臓や四肢への血流も当然悪くなり、その機能が落ちてしまいます。

 

女性の場合、卵巣への血流が悪くなると、酸素や栄養が十分に届かなくなってしまい、
卵巣機能の低下を招いてしまいます。その結果、不妊体質となってしまうのです。

 

冷え性改善に鍼治療

 鍼治療などの東洋医学の世界では「冷え」はとても重要な言葉となります。
東洋医学では「気」「血」「水」という3つのものが身体のバランスを上手に保ち、
健康を支えていると考えられています。

 

「気」はエネルギー、「血」は血液、「水」は身体にあるすべての水分のことです。

サプリメント


そして、このバランスを崩すもののひとつに「冷え」があるのです。

 

冷えると、血流が悪くなり、水が溜まってむくみ、
栄養が行き渡らないのでエネルギーが足りなくなるという悪循環に陥ってしまうと考えられています。

 

この万病の元の冷え性を改善するために、鍼治療では、血管を拡張し、血流をよくする施術を行います。

 

 

不妊の原因は本当に複雑です。
子作りを解禁しているのに、なかなか妊娠しない場合は必ず専門病院にかかって検査してください。
しかし、冷え性は大敵なので、身体を温めて、心身ともにリラックスして、コウノトリを待ちましょう。